カラーコーディネーターのお仕事

カラーコーディネーター試験までもう少しですね。あなたは何の為に試験を受験いますか。

カラーに因んだ仕事をしたい、趣味目的で受験したなど受験目的は色々だと思います。

カラーの勉強は大好きだけど、どのような仕事があるか判らない人も沢山います。

カラーコーディネーターの資格を、どのような仕事に利用出来るのかを簡単に紹介しましょう。
まずはカラーマーケティングのお仕事。色によって印象が変わるのは勉強している皆さんはすでにご存知ですね。

カラーマーケティングは、その企業のイメージカラーを始め、商品開発や広告などにマーケティング効果のある色を使ってスムーズに進むようにするお仕事です。

またカラーアナリストのお仕事は、1人1人に合う色の診断を行ってくれるお仕事です。

パーソナルカラー診断なども行って詳しく診断します。このお仕事はカラーコーディネーターのお仕事の1つとも言われていますよ。

そしてカラースクールの講師。名前の通りカラーの学校などに通っている生徒達に教科書を通して今まであなたが習った事を教えてあげる事です。

他にも通信教育などでは、質問に答えたり、採点をしてくれたりとカラーコーディネーターなどカラーを学ぶ人のサポートをしてくれる仕事です。

カラーセラピストのお仕事は、現在アロマセラピーや音楽セラピーが注目されているようにカラーセラピーも注目されているお仕事です。

色の心理的効果や波長などを利用して癒してくれるお仕事で、有名なのがオーラソーマやカラーパンクチャーなどがあります。

紹介したお仕事の他にも色々な場面でカラーコーディネーターさんも活躍しています。

きっとあなたに合った仕事を探せると思うので、試験を趣味目的だけでなくスキルとして目標を持って受験してみたらまた意欲がわくと思いますよ。

色彩環境

カラーコーディネーターのお仕事の1つに色彩環境と言うお仕事があります。

色彩環境と言う名前のお仕事を始めて聞いた人は多いと思います。しかしこの仕事は皆さんの間近でとても活躍しているお仕事です。

色彩環境のお仕事は、機能や設備などを揃えた部屋をより快適にする為に、色彩デザインやコーディネートをするお仕事です。


他にもお仕事は幅広く、概観の色彩デザインやコーディネート・公共に関わる建物のデザインなどもあります。
また色彩環境の講師をしたり、色彩環境についての指導やアドバイスなど色々な環境に関わっています。

この色彩環境は、カラーコーディネーターを勉強する試験でも関わってきます。

試験には、2種類あり東商のカラーコーディネート試験とAFTの色彩検定です。
どちらでも環境色彩を受験する事は出来ますが、環境色彩を専門的に受験したいなら東商のカラーコーディネーター検定試験の1級がお勧めです。

カラーコーディネーター1級試験は、3つの種類に分かれていて「ファッション色彩」・「商品色彩」・「環境色彩」から選択する事が出来ます。
その中の「環境色彩」は、先程紹介した建築・環境等や色彩環境などのお仕事の事が重に出題される認定試験です。

もちろん色彩検定を受験される場合にも専門的ではないですが、1級検定試験で出題されるようです。

どちらにしても1級検定を突然受検するのはとても難しいと思いますので、まずは3級や2級を受験してから受験してみてはいかがでしょうか。

色彩環境の仕事は、デザイナーなどのようにあまり目立たないかもしれませんが、私達が生活をするのに重要で素敵な仕事ですね。

カラーコーディネーターの仕事とは・・・。

カラーコーディネーターとは、色のスペシャリストと言っても過言ではないと思います。

色は人間の心理を作用する物の1つだと言われています。

例えば気分が暗い時に、緑などの景色を見ると気分がすがすがしくなったり、青を見ると落ち着いたりしませんか。

他にもピンクを見たらウキウキするような素敵な気分になったりします。
色を感じる気持ちは人それぞれだと思いますが、皆さんも色を見て何か感じる事があると思います。

カラーコーディネーターは、色の関係する世界で様々な形で活躍している人達の事です。

それでは、カラーコーディネーターのお仕事を少し紹介しましょう。

まずインテリアコーディネーターのお仕事を見てみましょう。
インテリアコーディネーターとは、お客様の要望に沿って家やお店・オフィスなどで使う家具や壁紙などのアドバイスを行うお仕事です。


現在はインテリアコーディネーターが活躍してお洒落なお店が多く出来ています。
それではどういう風にカラーが使われているのでしょうか。

例えばお客様が落ち着いた雰囲気のお店にしたいと要望があるなら、青や黒など落ち着いた色を使った部屋作りをコーディネートしてくれます。

また商品パッケージデザインのお仕事もあります。皆さんはどのような基準で商品を手にとりますか。

使い勝手や入っている食品は、良く見なければ判りませんね。

例えば食品のパッケージだと皆さんが美味しそうだと思う色彩をつかい食欲をそそったりします。

このように商品を際立たせて欲しくなるようなパッケージを作り出すお仕事です。

今回紹介したのは、2種類だけですが他にも色々の場所でカラーコーディネーターが多く活躍していますよ。

カラーコーディネーターのお仕事

皆さんは、ファッションに興味を持っていますか。

女性なら誰でも興味があると思います。その時にどのような色の服を買おうか迷ってしまう人もあると思います。

その時にアドバイスしてくれるのが、カラーコーディネーターのお仕事の1つだと言われています。
シーズンのトレンドカラーやファッション情報など、その人個人に似合う色をアドバイスしてくれるのです。

町などで同じ色を着ているのに全く印象が違って見えたり、自分と同じ服を着ているのに相手が凄くかっこ良く見えたりした事ありませんか。

私自身も自分の似合う色がありますが、それは好きな色とは全く違います。
このように似合う色と好きな色は違うと言われています。

肌・頬・目・髪の色などが施すメイクやチークの色、似合う服の色なども変わってきます。
それを仕事で誰かにアドバイスするだけではありません。


自分自身でカラーコーディネーターの勉強をしていると、あなた自身の印象も変わって来ると思います。

それは、あなたにピッタリの色や自分をかわいく見せるメークの色使い、自分の好きな色の取り入れ方なども学ぶ事が、可能だからです。

もちろんその年の流行色などを取り入れた色使いも上手になりますので、きっとお洒落がもっと楽しくなりそうですね。

もちろん他にも学ぶ事が沢山ありますが、私達が毎日関わる色の事を勉強します。

カラーコーディネーターの試験勉強をする事で、毎日何気なく接してきた色への印象も変わるかもしれませんね。