お勧めのカラーコーディネーターの学校

カラーコーディネーターを学ぶ上でも、学校へ行って学びたいと思っている人も沢山います。

本当はカラー専門の学校をお勧めするのがいいのかもしれませんが、カラーの学校が遠い人などは通うのも大変ですね。

そこでお勧めしたいのがヒューマンアカデミーのカラーコーディネーターの講座です。殆どの学校を全国の主要都市に展開しているので通いやすいです。

ヒューマンアカデミーは、多くの講座を持つ学校ですが、カラーに関しての講座は実績ナンバー1と言われる程有名です。

コースには、カラーの基礎から学べるカラーコーディネーター講座や商品を作ったりする仕事に活かす為のカラープランナーコース。

カラーコーディネーター講師になる為のコースがあり、あなたの夢にあったコースを選ぶ事が出来ます。
勿論、カラーコーディネーター認定試験を始め、色彩検定などのカラー試験対策もバッチリ行ってくれるそうですよ。

テキストが学校オリジナルという所も、評判の1つだそうでカラーで判り易いそうです。

また、カラープランナーコースでは、カラーコーディネーターを学ぶ他にも、プランナーにとっては学んでおきたいプレゼンテーションスキルを学ぶ事が出来ます。

そして講師の講座などには実技などもあり、教える側の立場も体験出来るといったとても充実した講座が受講出来ます。

それにカラーコーディネーター養成講座には、受講後に受講料を一部返還される教育訓練給付金対象となっているのでそれも嬉しいですね。

受講料はカラーの専門学校とは、殆ど変わりませんし週1程度なので忙しい人も安心して通えます。
カラーコーディネーターの講座は人気の為、満席になる場合もあるそうですよ。

カラーコーディネータ試験が学べるオンライン講座

カラーコーディネーターの勉強を独学で学ぶのは難しいですね。

かといって専門学校などに通うのも時間が無い人も多いはずです。その為通信講座などで勉強するのも良いとおもいます。

最近では、オンライン講座というインターネットを利用した講座もあるので、そこでもカラーコーディネートの講座を受講する事が出来ます。

紹介するオンライン講座の名前を、「ナレッジサーブ」。オンライン講座にしてはとても多くの講座があり受講生も多くいます。

講座数は296とも言われています。そしてこの講座にあるカラーコーディネート講座。

人気講座ランキングでは8位になっているので、カラーコーディネートの講座は、専門学校などと同様に判りやすいと評判です。
またテキストとPCを使ってお手軽に学べるのも嬉しいですし、初回講座だけお試しとして無料で学ぶ事が出来ます。

料金は15000円で受講期間3ヶ月となっていますが、1年まで延長も出来るのでゆっくり学びたい人を始め忙しいい人にもピッタリです。

またテキストは指定テキストを書店で購入するそうです。皆さんも1度利用してみてはいかがでしょうか。
カラーコーディネーター試験講座の他にも、カラーセラピーや商品に関したカラーコーディネーターの講座なども沢山あります。

最近はネット上で学べるオンライン講座が増えてきましたが、カラーコーディネーター講座を行っているのはナレッジサーブだけでした。

皆さんも1度お試しに利用してみてはいかがでしょうか。

tag:

カラーコーディネーターお勧めのスクール

カラーコーディネーターになる為のスクールは沢山あります。
そのカラーを専門的に学べる専門学校も沢山あります。

その中でもお勧めのスクールを紹介しましょう。

スクールでとても人気があると言われているのが、「WAM」。WAMはカラーに関する事を色々なコースで学ぶ事が出来ます。

この学校の校長を務めているのが「ヨシタミチコ」さん。
ヨシタミチコさんは、色についての著書を多く出版していています。

その他にも多くの雑誌やテレビなどに出演しているカラーの世界においてとても有名です。
そのヨシタミチコさんが校長を勤めるWAMは、建築などの色彩に関するトータルカラーリストコース。

ファッション分野の色彩を学ぶパーソナルカラーリストコース。色彩の知識を花に生かすフラワーカラリストコース。

色彩を心理学に生かす色彩心理カラーリストコースなどコースも充実しています。
他にも忙しい人を支えてくれる短期集中コースや通信講座のコースまであります。

このようにコースを選べるだけでなく、他にも卒業生の活躍も素晴らしいと言えます。
学校や教室内もカラーの学校らしく綺麗な作りをしていて、とても良い環境で学べると思います。

修得出来る資格の中には、東商のカラーコーディネーター資格やパーソナルカラー検定の資格などを受検する事が出来ます。

資料請求や説明会なども行っているそうなので、見学のついでに1度話を行ってみるのもいいですね。
専門的に教えて貰えるので独学で勉強をするよりも、知らない知識も習得出来て楽しいかもしれませんね。

http://www.color-space-wam.co.jp/school/

カラーコーディネーターの試験内容

カラーコーディネーター試験には、どういった試験内容があるのか気になる人も多いと思います。
色には、1つ1つに色が人に齎す作用や色の意味などを学ぶ事があります。

色1つを取ってもその色の意味の他にも、似たような色も沢山あります。
例えば青。青は心を落ちつかせる色と言われていますが、冷たい作用を連想させる事もあります。
青一色の部屋を作ると本当に気温が下がるとも言われています。


私達が連想する色の気分。色の気分って何だろうと思う人もいるとおもいます。
例えばあなたが"すっぱい"を連想する色は何色ですか。殆どの人がレモンの黄色などの色を連想すると思います。

また、皆に悲しさを連想する色と言えばと聞くと、多くの人が黒や青などの色を連想しました。
このように色から連想できる私達の感情なども試験に出題される事が多いです。

そして私達が見ている色。例えばトマトや林檎などが赤く見えますね。
そういう視覚現象なども、カラーコーディネーターをする上で、とても大事な問題です。

視覚現象は簡単に言うと、太陽の光などの白色光を利用されている現象です。文面よりは図などを見ると判り易いと思いますよ。

勉強している中でも私達が知らない事が多い為、「へぇ〜」や「そうだったんだぁ」など思ってしまう単元も沢山あります。

興味を持った皆さんは、これを期にカラーコーディネーターの試験を勉強してみませんか。
色が好きな方なら楽しく勉強出来ると思いますよ。


色の勉強

どうして林檎は赤く見えるのでしょう。またテレビの色はどのように作り出されているのだろう。
などと色について疑問に思う事も色々あると思います。

その疑問の勉強をできるのが、カラーコーディネーター検定。色の勉強ってどのような事を学べるのだろうと思う人もいるはずです。

色を勉強する中で多くの人がまず始めに勉強したいのが色のプロフィール。
色と言っても色一つ一つに沢山の意味を持っていて、色にもその仲間がいます。

例えば赤。赤を皆さんはどういった印象がありますか。
赤はエネルギツシュがある色と言われていて、フラメンコなどの情熱的なダンスなどの印象にも良く使われています。

また赤を見るとアドレナリン分泌の発生が活性化するとも言われていて、それが心臓の鼓動を早くするとも言われています。
他にも子供が最初に見分けるようになる色も赤だと考えられています。

そして、私達が良く好んで着る服の色と言えば黒があります。黒い色の服を誰もが1着は持っているのではないでしょうか。

黒は赤と逆の印象というイメージがあり、クールな印象や否定的な物を連想させる色とも言われています。
しかし、クールさの中にも厚い感情を秘めた色や可能性を秘めた色など限りない発展性が隠されているとも言われている色です。

このようにカラーコーディネーター試験の学習の中には、色を学習するにあたってのノウハウが学べます。
カラーが好きな人には、勉強をしているうちにカラーの虜になってしまいますよ。このような勉強法を楽しむのもいいですね。

東商のカラーコーディネーター試験

現在、多くの人が受験しているカラーコーディネータ検定試験。
その検定を実施しているのが東京商工会議所、通称東商と言われているセンターです。

決してカラーコーディネーターを育成している事務所だと言う訳ではないようですが、一体どういった所何でしょうか。

まず東商が実施している検定は、カラーコーディネーターの検定試験以外にも多くあります。

皆さんが小学生の頃に受験した事があるかもしれないそろばん検定や、販売士検定など色々な検定を実施しています。

東京商工会議所は、会員との向上・発展を促して、公共性の極めて高い地域総合済団体として、活躍している団体です。

また福祉など日本貢献にとても活躍しているようです。


そして、この東京商工会議所が行っていたカラーコーディネータ検定は国家試験ではありません。

しかし、カラーコーディネーター試験を受験する事によって、専門的な物まで学習する事が可能なので多くの知識を得る事が出来ます。

また最近はこの認定試験の資格を重要としている会社も少なからずあるようで、面接の際に有利になる事もあるそうですよ。

資格を取ろうかと考えていた人は是非取得してみてはいかがでしょうか。

検定は、思った以上に難しいと言われていて1級だと合格率も低いです。

皆さんの力試しにもなりますし、試験を受験する事によって色の印象も変わってきますよ。

カラーコーディネーターになる為のお勧めの通信講座

カラーコーディネーターの試験を受験したいけど、勉強の仕方を感じるという様に独りでは、難しいと思っている方も少なからずいると思います。

確かに3級までは何とか独りで学習出来ても、2級だと急に難しくなって勉強の仕方が判らない人も居ると思います。

出来る事なら専門のスクールなどで学習する事をお勧めしたいのですが、仕事や育児などの理由で学校へ行く時間が無い人もいます。

金銭面的を見ても専門学校は少し高すぎると思う人もいると思います。
そこで通信講座を行っては、みませんか。ここでは人気の通信講座をいくつかご紹介します。

まずは「クリエスクール」さんの通信講座を紹介します。

クリエスクールはカラーに関する講座を行っている専門学校です。
そしてクリエスクールはAFTの文部省認定色彩検定用の通信講座をおこなっています。

クリエスクールの教科書はオリジナルで判り易いと受講者からはとても評判です。

また判らない時などには、手紙・ファックス・メールなどでいつでも質問する事が可能です。
そして合格保障制度がある事がとても心強いです。お値段は2級・3級同時講座で45000円です。
期限は大体2ヵ月程度だそうですよ。


他にも「フォーサイト」もとても人気があると言われています。

こちらもクリエスクール同様にAFT限定の通信講座になりますが人気ある1番の秘密は料金が格安な事です。

クリエスクールと同様に2級・3級同講座で27800円です。
また30000円をプラスすれば不合格でも永久的にサポートしてくれるそうですよ。
そして合格率が高いと言うのも人気の秘密の1つですよ。

カラーコーディネーター試験の重要性

最近は、カラーコーディネータと言う名前が幅広く活躍しています。

例えば、インテリアコーディネーを始めデザイナー・セラピストなどとても活躍しています。

そして、カラーコーディネーターの知識を勉強するコーディネータ試験。この試験は、決して受験しなければならないと言うわけでもなく、年齢層・職業など様々です。

先程も言ったように、カラーコーディネータになる為に決して受験しなければならない訳ではありません。

しかし、最近はカラーを扱う企業がこの検定に注目しているのも確かだと思います。

その理由は国家試験などでは無いのですが、誰もが知っている検定試験だからだと言われています。

私が参考にしている本の著書のしているカラーコーディネーターさんの経歴には、カラーコーディネーター検定試験を受験している人ばかりです。

それと同時に色々な分野を通してカラーコーディネーターさんが活躍していて、名前も広がっています。
注目の影にはカラーコーディネーター達が、色々な場所で活躍しているからかもしれませんね。

カラー関係のお仕事を就いてみたいと考えている方や、ファッションなどが好きな皆さんも受験してみてはいかがでしょうか。

この検定を勉強していくとカラーの事を判っていたつもりでも学ぶ事が沢山あります。
それと同時にこの現代にある色の重要性や必要性なども感じる事が出来ますよ。

そして合格する事により自分自身のカラーの知識にも自信がつくと思いますよ。

試験当日の注意

カラーコーディネータ試験は、とても人気のある試験です。

そして多くの受験者が集う受験会場。多くの人が受験する試験ですのでマナーもきちんと守って受験してくださいね。


受験の際に持っていく物と言えば、受験票と筆記用具。他にも2級からは写真と身分証明書なども持ち物に加わります。
写真などは、前もって用意しておくといいかもしれませんね。

また受験する際に当然の事だとは思いますが携帯電話などの使用も禁止しています。
時計などの替わりに使用する事も禁止されているので検定の際には、腕時計を持参したほうがいいですね。

ほかにも注意点は色々ありますが、全て試験を受ける時には守らなくてはいけない当たり前のルールです。

例えば、自分は全部出来たからと言って試験中の退席は認められていないです。
不正行為とされせっかく頑張った試験も台無しになってしまう事もあります。
もしトイレなどどうしても一時的に退席したいなら試験官に聞いてから行くといいですね。

ルールを守らないとあなたが反省したてしても、今後受験出来ない可能性も出てきますよ。

また、試験をリラックスして行うのも大事ですが、他人に迷惑かけていないかちゃんと確認しましょうね。
引っ掛け問題などにも注意して落ち着いて試験を受験して下さい。

私の会場では無いのですが、他の試験会場などでは試験官の声が煩かった。
という声もあったのでそういった場合は、後から主催者側に連絡するといいですね。皆さんが合格出来る事を祈っています。

カラーコーディネーターになる為の試験

カラーコーディネーターになる為には、2種類の試験から選択して受験する事が出来ます。

それではどのような検定があるのでしょうか。

まず1つ目は、東京商工会議所で行われている「カラーコーディネーター検定試験」。

この試験の特徴は、色を操って管理するのがカラーコーディネーターだと言われています。
私達の色に対する疑問に答えられたり、色の魅力を引き出す事の出来る仕事です。
カラーコーディネーターに必要な知識や技術を理解しているかを確かめる試験だそうです。

東商のカラーコーディネーター試験は、全国主要都市の155の商工会議所が実施していますので、誰でも受験が可能です。

3級〜1級まであり、3級は合格するとアシスタントカラーコーディネーターの称号を貰えます。
試験内容は例えば3級なら色彩文化を始め、光と色に関した物理学や色彩の心理・人間の目の構造などが出題されます。

1級では3つの分野から選択して試験を受験出来ます。どの級から受験可能ですが、一般受験者は3級や2級から受験する人が多いそうです。

合格率は3級でも50%、2級は30%程だと言われています。

そして、もう1つAFTが行っている文部省認定の「色彩検定」。

色彩検定では、以前から「感性」だけと言われていた色に関わる知識や技能。
この色に関する知識などを理論的又は、統計的に学ぶ事により、色彩の実践的な活用能力として身につける事が出来ます。

色彩検定は1990年から実施されていて、1994年には文部省認定の「技能検定」になったそうです。
日本では、色に関する認定試験ではただ1つと言われています。志願者は今までで、35万人と言われています。

AFTの色彩検定は、全国の主要都市400会場で実施していて、3級〜1級までどなたでも受験可能です。

3級では、色彩の基礎基本やファッションや環境などの色彩計画の概念などが出題されるそうです。

カラーコーディネーターを学ぶ方法

カラーコーディネーターとは、必ずしも試験を受験しなくても誰でもカラーコーディネータの名を名乗れます。


では受験者はどうして試験を受けようと考えたのでしょうか。

人によって理由は色々ですがカラーの道を極めたい人や勿論、将来好きな仕事に就く為に受験された方もいます。

他にも同じカラーコーディネータの名前を名乗ってみても受験に合格した人と、受験してない人とでは、知識の豊富さが違う事が多いです。

勿論、受験していなくても知識が豊富な人も沢山います。
これからカラーを学ぶ人の為に、カラーコーディネータの講師を夢見ている人も、受験した方がいいかもしれませんね。


また受験するにしても勉強法も色々あります。1つ目は専門学校で学ぶ勉強法。

最近カラーを学べる専門学校が増えてきました。
専門学校は、カラーを知り尽した講師達が直接教えてくれるので1番お勧めの勉強法です。

しかし、仕事をしている人や子供を持っている主婦など、学校に行く時間が無い人も沢山います。

もちろん自宅で勉強をする事も出来ます。通信講座やテキストを購入して勉強する事が出来ます。
現在はカラーを扱っている通信講座が沢山あります。値段は殆どの講座が4〜5万前後です。

少し高いと感じた人には、テキストを購入して勉強する方法もあります。

現在では、カラーコーディネーターを詳しく書いているテキストが増えていますので、幾つかの中から自分に合うテキストを、購入して下さいね。

カラーコーディーネ−タの試験

カラーコーディネーターの試験と聞くと、東商が実施しているカラー検定試験が有名です。

しかし色彩検定もれきっとしたカラーコーディネーターの試験です。

それでは色彩検定とはどう言った試験でしょうか。
色彩検定はどなたでも受験できる文部省認定の検定試験です。色彩検定の受験者は幅広く小学生から高齢者までいるそうです。

試験内容を見ると、「色彩の心理」や「光と色」などのカラーコーディネータ試験と同様な物を勉強します。
違う所と言えば、色の表示が違うと言われています。その為コーディネーター試験と一緒に勉強を行うと混乱そうです。

色彩検定の予定は、3級と2級は6月と11月の年に2回あり、1級試験は、11月の1回だけです。

1級試験は、1度しかないのですが2次試験まであります。

合格者には、色彩講師を初め、デザイナーやフラワー・インテリアコーディネーターなど多くの場所で活躍しています。

合格率は、コーディネーター試験では、3級が50%程度でしたが、色彩検定では70%と少し高めになっています。

他にも少し受験料が高いです。しかし、美容やファッション関係の仕事などに付きたい人は、色彩検定が良いと言われていますよ。


決してこの検定試験に合格しないといけません。
また合格しても仕事に必ず就ける事もないようです。

しかし、自分のカラーの知識に自身がつきますし、この検定合格が有利になる職業もあると思います。
他にも私達の身近にあるカラーの勉強をするので、ファッションセンスや自分に似合う色なども勉強出来るのでとても面白いです。

皆さんも1度検定を勉強してみてはいかがでしょうか。

カラーコーディネーターを通信講座で学ぼう

カラーコーディネータ試験を受験する人達は殆どの人が学校に通っています。
しかし、家庭で学習をする事も可能です。

でも合格率からも判るように、3級は50%、2級は20%と言われていて大変難しいです。
テキストだけだと判りにくい面もありますね。

私は、テキストだけだと難しくて理解出来ませんでした。そこで利用したのが、通信講座です。

通信講座には、テキストの何倍もの情報があります。1つの単元が細かく説明されている上に、重要な所はきちんと纏めてあります。

それだけではなく単元ごとのテストを送って先生に採点して頂いたり、説明を詳しく書いてあるので復習も可能です。

きちんと学習期間がきちんとありますので、焦らずゆっくり勉強出来ます。

テキストだと勉強法も悩むと思いますが、通信教育だと勉強の進め方を細かく書かれているのも嬉しいですね。

1番嬉しかったのは、試験問題などに大きな変更があった場合には追補と言う名前の検定テキストも送られてきます。

テキストがどのように変更されたかなど判りやすく書かれているので嬉いですね。
あなたにピッタリのカラーが判るパーソナルカラー診断なども出来ますよ。


ここまでは、通信教育の良さばかり書いてきましたが、皆さんが気になるのは講座費用かもしれません。
私的には、この講座量を見ると費用は思ったより安かったです。
でもやはり高いと感じた場合には、分割などの月々の支払いなどもありますので利用してみつはいかがでしょうか。

http://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/44/special.html?vl=_semo_6027517

カラーコーディネーターの試験

私達が生きているこの世の中には、赤や青などの多くの色にあふれています。

例えば信号の赤・青・黄色は、買い物など外出すると必ず見かける物ではないでしょうか。

カラーコーディネーターは、私達と毎日身近に触れていた色を美しくしたり、美味しくしたり表現してくれるお仕事です。

試験は、3級から1級試験まであり、年に2回行われます。試験内容には、3級は色の性質や色の心理など色の基礎知識を学びます。

そしてそれに伴った応用力が試験に出題されて合格すると「アシスタント・カラーコーディネーター」の名が貰えます。

また2級は、3級の範囲に加え「カラーコーディネーションの意義」・「色彩の歴史的発展と現状」など2級の応用力を学びます。

そしてこれに合格すると「2級カラーコーディネーター」の名が貰えるそうです。


最後にカラーコーディネーターの最も難しい試験の1級は、3つの分野の中から一つを選択します。
3つの分野は、「ファッション色彩」 ・「商品色彩」 ・「環境色彩」 などから選びます。

例えば「ファッション色彩」だと3級、2級の範囲と「ファッション色彩」の応用力を含めた問題が試験に出題されます。

この1級検定に合格すると、「1級カラーコーディネーター『ファッション色彩』」の名が貰えます。
1級は皆さんが就きたい仕事を考えて試験を受験した方がいいかもしれませんね。

この検定に合格した人達は、お客さんに合った色をアドバイスしたり、 新商品などの開発で色彩を提案するお仕事についている人もいます。

日本を始め世界中色彩に溢れているので色々な場所で活躍しそうな称号ですね。