カラーコーディネーターの色彩感覚

色彩には、色合いの程度があります。

色合いの程度を示す尺度を【彩度】と言います。
この彩度は、くすんだ色、非常にあざやかな色、といった色みの性質をあらわす上で必要な色彩要素です。

ところが、色彩には、彩度だけでなく、明度も大きくかかわってきます。
たとえば、多くの人は、色合いの強い色【彩度の高い色】を見ると、「目立つ色」「はっきりとした」 「あざやかな」といった印象をもつでしょう。

この印象があるために、これらの色を、彩度が高い色と表してもわかるのですが、「明度は?」と聞かれるとどうでしょう。
もし、黄色と青色を比較した場合、黄色の方が明度が高いと感じるでしょう。

しかし、そこに、赤、オレンジ、緑、紫などがあったならば、一瞬見た際に、彩度の高さよりも、それぞれの明度の高低の違いを感じるでしょうか。おそらく、そうした感覚を強くはもたないでしょう。これが色彩の面白いところです。

いくら私達が、濃淡を感じることができ、明度について敏感であったとしても、この場合は、そこにある色の彩度が高いことに関心が向く性質があります。

逆に、明度の高い色や低い色を見た時は、当然「薄い色」「暗い色」と感じると共に、彩度が低い(色あいが目立たない)ということも知覚していますが、その色の特徴をあらわす上では、まず始めに明暗の感覚がとび出してくるでしょう。

本来、私達は、明度、彩度といった尺度を使うことで、色彩の性質を理屈で表現しているわけですが、実は、明度と彩度を別々に感じとることはできないのです。

色と接した際、第一印象では、明度と彩度が合わさった感覚であるトーンをとらえて感じているのです。これが私たちの【色彩感覚】です。

カラーコーディネーターの色彩心理

みなさんの好きな色はありますか。他にも無意識に服を見ると同じ色に偏ったりしていませんか。

人それぞれ好きな色には理由があると思います。

カラーコーディネータの検定に関わる物の1つです。

例えば青を見ると何となく心が落ち着いたり、ピンクだとほんわかした気持ちになったりしませんか。
それは、皆さんの心に色彩心理が働いているからです。

色彩心理は、多くの物に使われています。例えば街に貼ってあるポスターや牛乳など食べ物パッケージ。
洋服や鞄などあげてみればきりがありません。

また、料理本を見て美味しそうと感じたり、フアッション誌などを見てこの服可愛いと感じた事あると思います。


今ではこの色彩心理が一つの分野として取り上げられています。
それが独り独りの見せ方や私達見る側に食材を美味しく見せたり、私達が欲しくなる洋服を作りだしたりするのかもしれませんね。

また私達が普段目にしている色の見え方や色の性質や明るさや鮮やかさの違いなど色の基本的な事も学ぶ事が出来ます。

正直、普段から何気に関わっている色なのに、色がこんなにも多くの役割を持っているなんて驚きました。

そして、その色がどういった形を私達の生活に関わっているか知りました。
そうすると、服の選び方だけではなく、料理・いつも何気に見ていたTVや雑誌なども違った見方が出来て楽しかったです。

皆さんも試験を1度受けてみてはいかがでしょうか。興味のなかった人も、色を楽しむ世界のとりこになりますよ。

カラーコーディネーターとは

カラーコーディネーターには、日本語で「色の調整者」と言う意味があります。カラーコーディネーターは色彩の調整をする専門家です。

皆さんが毎日触れている色の事ですから仕事の幅は、ファッションデザインやプロダクトデザイン・環境デザインなど多くの仕事があります。

ここ何年かで、紹介した仕事以外にも職の幅が増えているようで、検定としても、とても人気があります。

1980年後半頃にカラーコーディネーターが注目され、まだ30年余りしか経っていないそうです。
最初は、テレビやポスター・カタログなどが日本に出てからが始まりだと言われています。

このように現在では、多くの人が受験しているコーディネーター検定ですが、検定の内容はとても深いです。
例えば1番始めに受験する3級の検定内容には、「色の性質」を始め「色の心理」や「色の伝え方」・「光から生まれる色」などがあります。

他にも色をはっきりと見せる作用を勉強する、「色の視認性」。固有色名や基本色名など色の名前を勉強する「色の表示」などあります。


検定は100点中70点が合格となっていて、合格率は3級50%、2級は30%、1級だと合計で20%程です。

ちなみに1級の環境色彩の分野は、10%にも満たないそうですよ。
合格率を見てもとても難しいので、沢山勉強しないといけないですね。

受験は年に2回あるそうで、受験料は3級が5100円、2級が7140円、1級が9180円です。

色の勉強をしたい人、デザイナーになりたい人は、一度試験を受けてみてはいかがでしょうか。