カラーコーディネーターの試験

私達が生きているこの世の中には、赤や青などの多くの色にあふれています。

例えば信号の赤・青・黄色は、買い物など外出すると必ず見かける物ではないでしょうか。

カラーコーディネーターは、私達と毎日身近に触れていた色を美しくしたり、美味しくしたり表現してくれるお仕事です。

試験は、3級から1級試験まであり、年に2回行われます。試験内容には、3級は色の性質や色の心理など色の基礎知識を学びます。

そしてそれに伴った応用力が試験に出題されて合格すると「アシスタント・カラーコーディネーター」の名が貰えます。

また2級は、3級の範囲に加え「カラーコーディネーションの意義」・「色彩の歴史的発展と現状」など2級の応用力を学びます。

そしてこれに合格すると「2級カラーコーディネーター」の名が貰えるそうです。


最後にカラーコーディネーターの最も難しい試験の1級は、3つの分野の中から一つを選択します。
3つの分野は、「ファッション色彩」 ・「商品色彩」 ・「環境色彩」 などから選びます。

例えば「ファッション色彩」だと3級、2級の範囲と「ファッション色彩」の応用力を含めた問題が試験に出題されます。

この1級検定に合格すると、「1級カラーコーディネーター『ファッション色彩』」の名が貰えます。
1級は皆さんが就きたい仕事を考えて試験を受験した方がいいかもしれませんね。

この検定に合格した人達は、お客さんに合った色をアドバイスしたり、 新商品などの開発で色彩を提案するお仕事についている人もいます。

日本を始め世界中色彩に溢れているので色々な場所で活躍しそうな称号ですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10140663