カラーコーディネーターとは

カラーコーディネーターには、日本語で「色の調整者」と言う意味があります。カラーコーディネーターは色彩の調整をする専門家です。

皆さんが毎日触れている色の事ですから仕事の幅は、ファッションデザインやプロダクトデザイン・環境デザインなど多くの仕事があります。

ここ何年かで、紹介した仕事以外にも職の幅が増えているようで、検定としても、とても人気があります。

1980年後半頃にカラーコーディネーターが注目され、まだ30年余りしか経っていないそうです。
最初は、テレビやポスター・カタログなどが日本に出てからが始まりだと言われています。

このように現在では、多くの人が受験しているコーディネーター検定ですが、検定の内容はとても深いです。
例えば1番始めに受験する3級の検定内容には、「色の性質」を始め「色の心理」や「色の伝え方」・「光から生まれる色」などがあります。

他にも色をはっきりと見せる作用を勉強する、「色の視認性」。固有色名や基本色名など色の名前を勉強する「色の表示」などあります。


検定は100点中70点が合格となっていて、合格率は3級50%、2級は30%、1級だと合計で20%程です。

ちなみに1級の環境色彩の分野は、10%にも満たないそうですよ。
合格率を見てもとても難しいので、沢山勉強しないといけないですね。

受験は年に2回あるそうで、受験料は3級が5100円、2級が7140円、1級が9180円です。

色の勉強をしたい人、デザイナーになりたい人は、一度試験を受けてみてはいかがでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10140661