カラーコーディネーターの色彩心理

みなさんの好きな色はありますか。他にも無意識に服を見ると同じ色に偏ったりしていませんか。

人それぞれ好きな色には理由があると思います。

カラーコーディネータの検定に関わる物の1つです。

例えば青を見ると何となく心が落ち着いたり、ピンクだとほんわかした気持ちになったりしませんか。
それは、皆さんの心に色彩心理が働いているからです。

色彩心理は、多くの物に使われています。例えば街に貼ってあるポスターや牛乳など食べ物パッケージ。
洋服や鞄などあげてみればきりがありません。

また、料理本を見て美味しそうと感じたり、フアッション誌などを見てこの服可愛いと感じた事あると思います。


今ではこの色彩心理が一つの分野として取り上げられています。
それが独り独りの見せ方や私達見る側に食材を美味しく見せたり、私達が欲しくなる洋服を作りだしたりするのかもしれませんね。

また私達が普段目にしている色の見え方や色の性質や明るさや鮮やかさの違いなど色の基本的な事も学ぶ事が出来ます。

正直、普段から何気に関わっている色なのに、色がこんなにも多くの役割を持っているなんて驚きました。

そして、その色がどういった形を私達の生活に関わっているか知りました。
そうすると、服の選び方だけではなく、料理・いつも何気に見ていたTVや雑誌なども違った見方が出来て楽しかったです。

皆さんも試験を1度受けてみてはいかがでしょうか。興味のなかった人も、色を楽しむ世界のとりこになりますよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10140660