カラーコーディネーターの色名の勉強法

カラーコーディネータの試験勉強の中でも私が1番難しいと思ったのが「色名」。

私が考えていた色名は、赤・青・黄色など単純に色の名前だけを覚えれば良いと考えていました。
しかし色の名前を見ると、色の数だけ名前を持っているように由来も勿論あって、それも植物や顔料などの

名前が由来の固有色名。
色だけを表す基本色名など元になった由来ごとに4種類に色名が分類されます。

他にも色の明度や暗度を表す言葉や色表示など色々な言葉があって最初は何がなんだか判りませでした。

色名は他の単元とも繋がりがある重要な単元の1つです。

家庭で自主的に試験勉強を行う人達は覚える方法も迷いますね。

試験勉強を行う人達は、更に、覚える方法も関しても迷いますよね。私は、その色を使って書いて覚えました。

全ての色を覚えるのは、大変かもしれませんがカラーコーディネータ試験を受験する人は、色を好きな方が多いので少しは楽しんで出来ると思います。

自分でカラーチャートを作ったりするのも覚えやすくて楽しかったです。

まだ小さい子供のいる家庭だと軽くテキストを出したりすると子供にいたずらされる場合もあると思います。
画用紙などにカラーチャートなど覚えたい事を書いて貼っておくと、暗記にもなるしとても便利でしたよ。


また、色名を最初に覚えておくと、配色の基本や二級試験の配色調和なども覚え易かったですよ。
他にも1級検定試験を受験する際にも役立ちます。

これは私自身の覚え方ですが、よろしかったら1度試してみて下さいね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10140659