カラーコーディネーター検定と色彩検定の違い

良くカラーを勉強している人からの質問でカラーコーディネーター検定と色彩検定の違いが気になる人が多いと思います。

カラーコーディネーターは東商主催で、建築を始めインテリア関係。AFT主催の色彩検定は、美容などファッション関係だといわれています。

しかし、2005年にAFTがやや大幅にテキストを改訂してしまったのでそんな大きな差はないと言われています。

でも使用するカラーカードなどの色の表記が全く違うと言われています。
その為、両方を受験したかたに聞くと、同時に受験勉強をすると頭が混乱すると言っていました。
どちらも受験する場合には、1度時間を置いて初めから勉強する方がいいかもしれませんね。


カラーコーディネーター試験と色彩検定の受験方法の違いを少し説明してみましょう。

カラーコーディネーター検定試験は、3級と2級は6月と12月の年に2回、1級は12月のみの受験です。
料金は、3級は、5,100円、2級は、7,140円、1級は9,180円になっています。全て合格ラインは70%以上になっています。

色彩検定は、文部省認定の検定で、カラーコーディネーターと同様に3級と2級は年に2回、6月と11月に行われます。1級は11月のみに行われます。
料金は少し高く、3級7,000円、2級10,000円、1級15,000円になっています。合格率は基本70%と言われています。


どちらもカラーを含めるお仕事には、お勧めの検定ですが、まずは比較して好きな方の検定を受検してみてはいかがでしょうか。
この記事へのコメント
私は色彩2級とカラーコーディネーター検定3級、1級2分野をとりました。
カラーテラピスト
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10140656