カラーコーディーネ−タの試験

カラーコーディネーターの試験と聞くと、東商が実施しているカラー検定試験が有名です。

しかし色彩検定もれきっとしたカラーコーディネーターの試験です。

それでは色彩検定とはどう言った試験でしょうか。
色彩検定はどなたでも受験できる文部省認定の検定試験です。色彩検定の受験者は幅広く小学生から高齢者までいるそうです。

試験内容を見ると、「色彩の心理」や「光と色」などのカラーコーディネータ試験と同様な物を勉強します。
違う所と言えば、色の表示が違うと言われています。その為コーディネーター試験と一緒に勉強を行うと混乱そうです。

色彩検定の予定は、3級と2級は6月と11月の年に2回あり、1級試験は、11月の1回だけです。

1級試験は、1度しかないのですが2次試験まであります。

合格者には、色彩講師を初め、デザイナーやフラワー・インテリアコーディネーターなど多くの場所で活躍しています。

合格率は、コーディネーター試験では、3級が50%程度でしたが、色彩検定では70%と少し高めになっています。

他にも少し受験料が高いです。しかし、美容やファッション関係の仕事などに付きたい人は、色彩検定が良いと言われていますよ。


決してこの検定試験に合格しないといけません。
また合格しても仕事に必ず就ける事もないようです。

しかし、自分のカラーの知識に自身がつきますし、この検定合格が有利になる職業もあると思います。
他にも私達の身近にあるカラーの勉強をするので、ファッションセンスや自分に似合う色なども勉強出来るのでとても面白いです。

皆さんも1度検定を勉強してみてはいかがでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10140655