カラーコーディネーターのお勧めの本

カラーコーディネーターの認定試験を受験する場合に自宅で学習をする人も少なくないと思います。

しかし現在では、カラーコーディネーター試験はとても人気があります。

その為、カラーコーディネーターの問題集が多数あり、どれを購入すればいいのか迷ってしまいますね。
そこで検定受験者のお勧めの本をいくつか紹介しましょう。

まずこの検定を行っている、東京商工会議所の認定しているテキストと問題集を紹介します。

公式テキストは、3級・2級・1級とそれぞれ用意されています。
心理的・物理的といった面から色を解説していて、色の基礎的な知識を掲載したりしており写真やイラストが充実しています。


そして問題集も全ての級ごとに用意されていて公式テキストに対応した問題集です。
過去問題集などもありますので、2つセットで購入するといいですね。

代金は東商の公式テキスト「カラーコーディネーションの基礎」が2940円。
問題集の「カラーコーディネータ検定試験」が1890円となっています。

全国の書店でも販売されているそうですが、無い場合は東京商工会議所のネットなどでも注文が可能ですよ。

東京商工会議所HP
http://www.kentei.org/color/index.html#kyouzai


そして日本色研事業さんの色彩テキストカラーコーディネーター入門も多くの人から参考になると絶賛の1冊です。

色彩の基本的知識などをカラー図解で、とても分かりやすく説明している入門書です。
これに加え、色見本と色彩のテキスト・配色カードなどを用意すると勉強もスムーズに出来ると思います。
pantalさんで購入するとそういった用品も手に入り安いですよ。

商工会議所のテキストを少し高いかもと思っていた人には、このテキストを購入するのもいいかもしれませんね。

パンテル
http://store.yahoo.co.jp/pantall/49-252.html


他にも多くのテキストがありますので、皆さんにベストと思ったテキストを探して下さいね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10140654