カラーコーディネーターになる為の試験

カラーコーディネーターになる為には、2種類の試験から選択して受験する事が出来ます。

それではどのような検定があるのでしょうか。

まず1つ目は、東京商工会議所で行われている「カラーコーディネーター検定試験」。

この試験の特徴は、色を操って管理するのがカラーコーディネーターだと言われています。
私達の色に対する疑問に答えられたり、色の魅力を引き出す事の出来る仕事です。
カラーコーディネーターに必要な知識や技術を理解しているかを確かめる試験だそうです。

東商のカラーコーディネーター試験は、全国主要都市の155の商工会議所が実施していますので、誰でも受験が可能です。

3級〜1級まであり、3級は合格するとアシスタントカラーコーディネーターの称号を貰えます。
試験内容は例えば3級なら色彩文化を始め、光と色に関した物理学や色彩の心理・人間の目の構造などが出題されます。

1級では3つの分野から選択して試験を受験出来ます。どの級から受験可能ですが、一般受験者は3級や2級から受験する人が多いそうです。

合格率は3級でも50%、2級は30%程だと言われています。

そして、もう1つAFTが行っている文部省認定の「色彩検定」。

色彩検定では、以前から「感性」だけと言われていた色に関わる知識や技能。
この色に関する知識などを理論的又は、統計的に学ぶ事により、色彩の実践的な活用能力として身につける事が出来ます。

色彩検定は1990年から実施されていて、1994年には文部省認定の「技能検定」になったそうです。
日本では、色に関する認定試験ではただ1つと言われています。志願者は今までで、35万人と言われています。

AFTの色彩検定は、全国の主要都市400会場で実施していて、3級〜1級までどなたでも受験可能です。

3級では、色彩の基礎基本やファッションや環境などの色彩計画の概念などが出題されるそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10140649