カラーコーディネーター試験の重要性

最近は、カラーコーディネータと言う名前が幅広く活躍しています。

例えば、インテリアコーディネーを始めデザイナー・セラピストなどとても活躍しています。

そして、カラーコーディネーターの知識を勉強するコーディネータ試験。この試験は、決して受験しなければならないと言うわけでもなく、年齢層・職業など様々です。

先程も言ったように、カラーコーディネータになる為に決して受験しなければならない訳ではありません。

しかし、最近はカラーを扱う企業がこの検定に注目しているのも確かだと思います。

その理由は国家試験などでは無いのですが、誰もが知っている検定試験だからだと言われています。

私が参考にしている本の著書のしているカラーコーディネーターさんの経歴には、カラーコーディネーター検定試験を受験している人ばかりです。

それと同時に色々な分野を通してカラーコーディネーターさんが活躍していて、名前も広がっています。
注目の影にはカラーコーディネーター達が、色々な場所で活躍しているからかもしれませんね。

カラー関係のお仕事を就いてみたいと考えている方や、ファッションなどが好きな皆さんも受験してみてはいかがでしょうか。

この検定を勉強していくとカラーの事を判っていたつもりでも学ぶ事が沢山あります。
それと同時にこの現代にある色の重要性や必要性なども感じる事が出来ますよ。

そして合格する事により自分自身のカラーの知識にも自信がつくと思いますよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10140647