カラーコーディネーターと子供の教材

家の中も外も色で彩られています。例えばテレビや写真などは高画質の物が人気ですし、子供が最初に興味を持つ絵本なども鮮やかな物が多いです。

そこで今注目されているのがカラーコーディネーターです。カラーコーディネーターは私達が生活している色々な場所で活躍しています。
もちろん皆さんが今から学ぶ「勉強」にもカラーが活躍していますよ。

例えばですが、私には子供がいますが、子供の教材などにもカラーコーディネーターが活躍していると言えます。

子供に勉強をさせる場合にも、子供が意欲を持ってくれる教材を選びたいです。
私達が小さい頃、白と黒だけの問題集やテキストに飽き飽きしていた思い出があります。

しかし、色を使って説明してあったりすると、覚え易くて楽しくんで勉強する事が出来ます。

他にも子供には小さい頃から読んであげると良いと言われている絵本。

視力が未発達の子供達には、鮮明には見えにくいと言われています。でも綺麗で判り易い色なら赤ちゃんにもわかり易いので集中して見てくれますよ。

絵本だけじゃなく、おもちゃなどにも鮮やかなのが多いのも、そのせいかもしれませんね。

また、皆さんは最近の問題集を見た事がありますか。赤い文字で書かれた問題集などは見た事ないでしょうか。

例えば要点が赤で書いてあったりすると思います。

赤いは集中力を促す色とされているようで、一面に同じ色に塗られた部屋で勉強をさせた所、赤は成績が上がったそうです。
それもカラーの力が作用していて、裏でカラーコーディネーターさんの働きがあるからだと思います。

こうやって「勉強」などの場面でも活躍していると考えると何だか面白いですよね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10140646