色の勉強

どうして林檎は赤く見えるのでしょう。またテレビの色はどのように作り出されているのだろう。
などと色について疑問に思う事も色々あると思います。

その疑問の勉強をできるのが、カラーコーディネーター検定。色の勉強ってどのような事を学べるのだろうと思う人もいるはずです。

色を勉強する中で多くの人がまず始めに勉強したいのが色のプロフィール。
色と言っても色一つ一つに沢山の意味を持っていて、色にもその仲間がいます。

例えば赤。赤を皆さんはどういった印象がありますか。
赤はエネルギツシュがある色と言われていて、フラメンコなどの情熱的なダンスなどの印象にも良く使われています。

また赤を見るとアドレナリン分泌の発生が活性化するとも言われていて、それが心臓の鼓動を早くするとも言われています。
他にも子供が最初に見分けるようになる色も赤だと考えられています。

そして、私達が良く好んで着る服の色と言えば黒があります。黒い色の服を誰もが1着は持っているのではないでしょうか。

黒は赤と逆の印象というイメージがあり、クールな印象や否定的な物を連想させる色とも言われています。
しかし、クールさの中にも厚い感情を秘めた色や可能性を秘めた色など限りない発展性が隠されているとも言われている色です。

このようにカラーコーディネーター試験の学習の中には、色を学習するにあたってのノウハウが学べます。
カラーが好きな人には、勉強をしているうちにカラーの虜になってしまいますよ。このような勉強法を楽しむのもいいですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10140643