カラーコーディネーターの試験内容

カラーコーディネーター試験には、どういった試験内容があるのか気になる人も多いと思います。
色には、1つ1つに色が人に齎す作用や色の意味などを学ぶ事があります。

色1つを取ってもその色の意味の他にも、似たような色も沢山あります。
例えば青。青は心を落ちつかせる色と言われていますが、冷たい作用を連想させる事もあります。
青一色の部屋を作ると本当に気温が下がるとも言われています。


私達が連想する色の気分。色の気分って何だろうと思う人もいるとおもいます。
例えばあなたが"すっぱい"を連想する色は何色ですか。殆どの人がレモンの黄色などの色を連想すると思います。

また、皆に悲しさを連想する色と言えばと聞くと、多くの人が黒や青などの色を連想しました。
このように色から連想できる私達の感情なども試験に出題される事が多いです。

そして私達が見ている色。例えばトマトや林檎などが赤く見えますね。
そういう視覚現象なども、カラーコーディネーターをする上で、とても大事な問題です。

視覚現象は簡単に言うと、太陽の光などの白色光を利用されている現象です。文面よりは図などを見ると判り易いと思いますよ。

勉強している中でも私達が知らない事が多い為、「へぇ〜」や「そうだったんだぁ」など思ってしまう単元も沢山あります。

興味を持った皆さんは、これを期にカラーコーディネーターの試験を勉強してみませんか。
色が好きな方なら楽しく勉強出来ると思いますよ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10140642