色彩士検定とは

カラーコーディネーターの試験として、東商やAFTの検定が良く受験されています。

そして他にも色彩士検定と言うのもあり、この検定もカラーコーディネーター検定の1つとされます。

それでは色彩士検定とは何でしょう。色彩士検定はNPO法人に所属している「全国美術デザイン専門学校教育振興会」によって運営されています。

別名「ADEC」とも言われていて、色彩の知能や技能などを1級から3級で検定があります。
検定内容などは、カラーコーディネーター検定・色彩検定などとあまり変わらないと思います。

専門学校で学んだ基準だと3級が半年、2級が1年、1級が2年以上と言われています。
検定試験には1月と9月に行われているようで、1月には3級・2級検定と1級の理論、9月には3級と1級の実技だそうです。

合格者には色彩士やカラーマスターと言う称号をもらえるそうです。

この色彩士検定を運営する「ADEC」とはなんでしょう。
「ADEC」は、全国の美術学校を始めデザイン系の専門学校が集結して出来た全国的に有名な組織です。

結成された目的は、専門学校の授業内容の充実や地位向上など本物の教育を目指して結成されたようで、他にも宣伝ばかりの学校への対抗意識もあるそうです。

色彩士検定は、年齢を問わず誰でも受験する事が可能で、平成19年に文部省推薦の名も貰っている検定です。

専門学校で学んでいる人は、卒業記念などに受験するのも記念になるかもしれませんね。
このように現在は、まだ色彩士検定の事を知らない人も多いかもしれませんが、これからますます有名になりそうな検定ですね。

国家資格 色彩士検定

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10140640