色知覚の3属性と表色系の3属性

カラーコーディネーターの試験を学ぶ時に重要になってくる単元が、「色知覚の三属性」。
色知覚の三属性とは、正常の色覚者であれば、色を同じように見る事が出来ます。

例えば、赤や茶色などが同じ種類であるか見分ける事が、出来るかという事です。
これを学ぶ上での三属性が、色相・明度・彩度です。

色相とは赤を始め青・黄色・ピンクというような色みの種類の事を言います。

明度は明るい色や黒い色などといった色を表現する明るさの度合の事です。

最後に彩度とは、沢山ある色の色みの強弱。色の鮮やかさの度合を表します。

この三つの属性は、独立した属性なので1つの属性が変化しても残りの属性が影響を受ける事もないです。
また全て色のある物には三属性が使われていますが、無彩色などには明度しかないそうですよ。

また記号や数値などを用いて、色を体系的に表示しているものを表色性と言い、世界中には多くの表色系があります。

この表色系で独自の三属性を用いた物を「表色系の三属性」と言います。
表色系の役割には、色を正確に表したり、色彩調和を作る為に求めるものさし、色名を規定したりする役割があります。

そして表色系には、色々な種類を世界各地では機能によって使い分けられています。

このように「色の三属性」や「表色系の三属性」は色の勉強をするにあたって重要なポイントになっています。
2つの三属性が、これから勉強する課題にどのような役割をするのか楽しみですね。今から学ぶ方は覚えておくといいですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10140634